facebookページはこちら
弁護士紹介
藤 内 健 吉

主な業務分野

 企業法務一般、事業承継・企業再編、強制執行、反社会的勢力対応、交通事故
 遺言・相続、離婚、法人・個人破産申立、法人・個人再生申立、債務整理
 不動産(借地・借家、マンション法)、証券被害対応、成年後見、刑事弁護
 少年事件

学歴・職歴

 徳島県立城南高等学校 卒業
 大阪大学法学部 卒業
 平成18年 大阪弁護士会 登録(59期)
       共栄法律事務所 入所
 平成23年 大阪弁護士会民事介入暴力及び弁護士業務妨害対策委員会
      副委員長 就任
 平成24年 大阪弁護士会民事介入暴力及び弁護士業務妨害対策委員会
      副委員長 就任
 平成26年 共栄法律事務所 退所
       心斎橋中央法律事務所 開設
       大阪弁護士会民事介入暴力及び弁護士業務妨害対策委員会
      副委員長 就任
       
所 属

 ・ 大阪弁護士会民事介入暴力及び弁護士業務妨害対策委員会

著 作

 ・ 論文『暴力団排除条項(上) 総論』(NBL921号)(平成21年)
 ・ 論文『暴力団排除条項(中) 継続的契約 』(NBL922号)(平成2
  2年)
 ・ 共同執筆『仮差押え−仮処分・仮登記を命ずる処分〈新訂貸出管理回収手続
  双書〉』金融財政事情研究会(きんざい)(平成23年)
 ・ 共著「定款変更に伴う会員資格の喪失と事後員外貸付の取扱い」(銀行法務
  21、751号)(平成24年)
 ・ 共著「反社会的勢力の要求に応じると企業は「被害者」ではなく「資金提供
  者」になる」(ザ・ローヤーズ2013年1月号 特集「企業を守るための分
  野別法務問題最新傾向」)
 ・ 共著「反社会的勢力との縁はこうして断ち切れ。企業において反社勢力排除
  は法的規制である」(ザ・ローヤーズ2013年12月号 特集「半沢直樹ブ
  ームを企業不祥事撲滅に活かせ」)
 ・ 共同執筆『Q&A金融ADRの手引き−全銀協あっせん手続の実務』商事法
  務(平成26年)